QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人

2012年05月18日

六研/エラン シリーズ80CG BLK プロシューターによる射撃

 六研/エランのブローバックモデル第2弾“シリーズ80 コンバットガバメント”。シリーズ70コンバットガバメントの発売から1年経たずに発売と、エランとしてはかなり早いピッチで発売となりましたが、70から80になるのに、色々な改良が加えられたのは、今までお伝えした通りです。実射に関しても、70の時は耐久テストを中心に、数千発の試射が行われましたが、80を作るに当たっては、色々な射手が撃ったらどうなるかと言うことで、決まった人がずっとテストをするのではなく、いろんな方を呼んで試射してもらい、何か起きるかと言うことを繰り返してきました。その中の一環に、プロのシューターが撃ったらどうなるか、さらに実銃と撃ち比べてもらおう、と言う試みが行われました。(1月21日の記事でも少し触れています)今回はその際のエラン製シリーズ80の射撃模様をご紹介。射手はヴィクター・ノバック氏です。



 ご覧いただければ分かりますが、射手がしっかりとした知識も実力もあると、快調な作動がより安定しています。エンプティケースがほぼ同じコースをたどって排出されていて極めて安定感のある作動をしているのが分かります。つくづく射手も射撃を構成する一部なのだと感じますね。自分の射撃映像を見ていつも思うのですが、撮影だからと、変なところに気が行っているのか、なんだかいつも変な撃ち方になっています。体に射撃姿勢が染み付いていない証拠なのでブースカさんにでも教わって、もっと正しい撃ち方を身に付けないといかんです。皆さんも買われたコンバットガバメントをしまい込まず、どんどん撃って、射撃の練習をしてください。そして映像に収めてYouTubeにアップしてくださいね。(敏)

 音はこれが7mmキャップ火薬の限界です。室内ではかなり大きな音ですが、屋外のだだっ広いところで撮影するとさすがにこれくらいにしかなりません。それでも随分な激発音がしています。


ヴィクターの実銃射撃の映像は、当社刊GunProfessionalのWebsiteをご覧ください。




同じカテゴリー(研究室)の記事画像
【店頭にてロングVer.公開中】六研/エラン バウンティハンターモデル発火シーン
ウィルソンタイプG10グリップ 付けてみました
VZ GRIPS もろもろ着けてみました
NINE BALLのトリチウムサイトはどうなのか?
KSC FPGの初速
A.R.M.S.#71Lサイトってどうですか?
同じカテゴリー(研究室)の記事
 【店頭にてロングVer.公開中】六研/エラン バウンティハンターモデル発火シーン (2016-06-15 09:45)
 ウィルソンタイプG10グリップ 付けてみました (2016-01-11 12:57)
 大迫力の音とマズルフラッシュ! エラン ガバメント プロップ (2012-04-18 19:57)
 VZ GRIPS もろもろ着けてみました (2011-10-09 07:02)
 NINE BALLのトリチウムサイトはどうなのか? (2011-01-22 23:31)
 東京マルイ SCAR-Lに入るLipoバッテリー (2010-12-30 03:03)

Posted by ポストホビー渋谷店 at 20:51│Comments(0)研究室
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。